自律神経にも原因あり | 辛い関節痛にはボルタレン・ジェネリック!

自律神経にも原因あり

黄色い錠剤と水

動かすと痛い関節痛…変形性関節症のような普段の動きが原因だったり、痛風などに見られるような不摂生による栄養の偏りなどが原因かなと思っていたら、じつは自律神経に原因がある…なんてことも。

自律神経といえば、たとえば心臓や内臓を動かすとか、血圧や体温の調節をするなど自分の意思とは関係なく働く神経のことをいいます。暑いとか寒いといったものは脳からの指令を体に伝える神経、体性神経の働きです。そういったものではなく、もっと生き死にに関わるようなことに関わる神経のことです。
自律神経は交感神経と副交感神経という二つがあります。交感神経は不安や緊張などストレスによって優位になる神経。副交感神経はリラックスしているときに優位になる神経です。このふたつは同時に働くことはなく、スイッチが入れ替わるように交互に働いています。

そんな自律神経と関節痛、どういった関わりがあるのでしょうか?
症状としては激しい運動したあとに感じるような関節の痛みというのがあります。これは、「激しい運動をしてないのに、した後のような痛みを感じる」という意味です。ほかにも歩くことも出来ない程の痛みや、急に年取ってしまったような痛みを感じるというのもあります。
これは、なにかしらのストレスを感じることで、交感神経が優位になってしまい、その影響で筋肉と血管が収縮します。これにより血液中の酸素が筋肉へ十分に行き渡らなくなるの、血液が巡ってこないため、さらに筋肉が緊張状態となり収縮します。血管はさらに収縮する筋肉に押しつぶされてしまうため、結果的に関節痛が起きてしまうのです。

ボルタレン・ジェネリックを使えばそんな自律神経の痛みもまた改善することが出来ますよ。