ジェネリック医薬品のこと | 辛い関節痛にはボルタレン・ジェネリック!

ジェネリック医薬品のこと

茶色い瓶に入っている白い錠剤

痛みを和らげるというのはとてもありがたいお薬ですよね。そんなボルタレンのジェネリック医薬品「ボルタレン・ジェネリック」は安価でも手に入るという理由もあって嬉しいところです。
しかし、この「ジェネリック医薬品」というのは一体何なのかよくわからないという人もいるでしょう。同等の効能があって、でも安価というのはわかるけど、それはなぜなのか。
安価で欲しかった効能が手に入るというのは純粋に嬉しい話ですが、うまい話なために逆に不安だという人もいるのではないでしょうか?本当に効くのか?偽物ということではないのか?そのような心配も抱えてしまうかもしれません。ですがそれはジェネリック医薬品についてくわしく分からないから生まれる不安です。しっかり知っておけばきっと不安は改善されるでしょう。

新薬を先発医薬品とするならば、後発医薬品がジェネリック医薬品です。
新薬は発売するまでの間にさまざまな研究と実験を行います。ゼロからのスタートですので時間もかかりますし費用もかかります。しかし、そういう意味では後発医薬品では前例があるので、時間も費用も大きく下げて発売することが出来ます。ゆえにあんなに安く出来るのです。
このことからもわかるように、安い理由というのはあくまでも開発の事情で、作りやすいからというのが理由です。もちろん一定の基準がみられないと発売が許可されないという決まりもあるので、しっかりとした信頼できる商品でもあるのです。安心して利用しましょう。