服用方法はどうするのか | 辛い関節痛にはボルタレン・ジェネリック!

服用方法はどうするのか

黄色い錠剤と水と葉っぱ

ボルタレンは基本的に25?というのが売られていますが、成人は1日3〜4錠一日3回に分けるか、頓用する場合は1回1〜2錠を服用するというのが決まりになっています。ですが、しかしボルタレン・ジェネリックは内容量が50?となっています。これは、外国製のお薬だからであり、外国の方の身体の大きさに合わせているためです。つまり日本人にとって50?というのは多すぎるということになりますので、半分に割って25?として使うか、人によっては効かないので二錠飲んで50?として使っているという人はそのままボルタレン・ジェネリックを一錠服用することが出来ます。ポイントとしては一日に摂取していいとされる100?を超えないというところ。ボルタレンと同じく1日2錠という感じですが、そこさえ理解しておけば問題はないでしょう。その際には水かぬるま湯にするようにし、空腹時は避けます。
関節痛や手術後や抜歯後などの鎮痛と消炎、急性上気道炎の鎮痛だけでなく風邪などの発熱にも効くとされています。

副作用として胃痛、食欲不振、腹痛、吐き気などがあります。胃腸の弱い方や腎臓、肝臓に病気を患っている方は利用するのは控えましょう。

痛みが引かないという理由で過剰摂取したりするとたいへん危険です。また、効かない理由に原因があるとも考えられますので、そういった場合には医師に相談をしてみるようにしましょう。
決められた方法以外を独断でしてしまうのは危険です。